手作りのポイント

キャットフードに濃い味付けは不向きです。塩分を取り過ぎてしまうことが良くないのは、犬も猫も同じです。キャットフードを手作りする場合は、薄味を心がけましょう。塩分の取り過ぎは、心臓や腎臓などにとってもよくありません。また、猫は味付けよりも香りによって美味しいとか美味しくないと判断します。これもまたワンちゃんと同じなのですが、複雑な味付けを追求するよりも、せっかくなら香りに力を入れてみる方が良いかもしれません。もちろん、これは市販されたキャットフードを与える時も手作りのものを与える時も同じです。市販のキャットフードを与える時は、開封した後は早めに消化したいもの。酸化が進むなど理由は色々ありますが、香りが失われてしまい味が低下してしまうことも挙げられます。開封したら、正しい保管方法にて保管し、できるだけ早めに食べきるようにしましょう。

また、魚は猫ちゃんの好きな食材でもありますが、青魚ばかりを長期に亘り与えるのは良くありません。黄色脂肪症になり、触ると痛がるしこりができてしまうからです。

このように、手作りキャットフードには気を付けたいことがたくさんあります。是非、猫ちゃんに安全で美味しいキャットフードを作ってあげてください。

食べさせてはいけないもの

猫ちゃんには、与えてはいけないものもあります。人間にとっては問題ないようなものであっても、猫が食べてしまうと危険なものもあります。例えばチョコレートは与えてはいけない食材。カカオが良くないので、ココアなどもNGです。血圧や心拍が上昇し、不整脈や興奮、けいれんなどが見られる他、場合によっては命に係わることもあります。また、ニラやネギ、タマネギ、ニンニクなども危険。私たちの周りには、こういったものが細かくカットされ入っているたべものが案外多いですので、猫に餌を与える時はしっかりチェックしてから食べさせるようにしたいものです。

ブドウやレーズンも与えてはいけません。腎臓に影響するからです。また、あえてこちらが猫ちゃんに与えようとしなくても、猫ちゃんが誤って食べてしまう可能性もありますので、猫ちゃんのそばに食べてはいけないものを置かないようにしましょう。サプリメントなどのいわゆる健康食品や、薬などもそばに置いたりしないように注意してください。

他にも、貝の内臓や生の貝、生の甲殻類、生の豚肉や生卵の白身も与えてはいけません。パンもNGです。また、カフェイン入りのものは、中枢神経を興奮させてしまいますので与えることのないようしましょう。

手作りキャットフード

何か動物を飼おうと思った時、安全で安心の環境を設けたり、体を元気で丈夫にしてくれるフードを吟味したりと、やるべき事がたくさん出てくるものです。ペットの健康維持は、飼い主さんの責任でもありますので、飼い主さんはそのあたりのことをしっかりと考えて行く必要があります。猫を飼う場合も同じです。キャットフードは市販のものを購入するのか。それとも自分で手作りして与えるのか。どちらにもメリットがありますので、よく考えて判断して頂きたいと思います。

手作りキャットフードの良さは、何と言っても飼い主さんが材料を吟味して自分の思い通りのご飯を作れるところにあります。味付けについてもそうでしょう。それに、作ってすぐに猫ちゃんに与えることができますから、添加物などの心配もあまりする必要がなく安心です。しかしながら、手作りする場合は、猫に与えてはいけないものを把握するなど、学ぶべきこともあります。また、手作りする場合カロリー計算が難しくなりがち。こういったデメリットもあります。

市販されているキャットフードの良さは、何と言っても手間がかからないところです。材料にこだわって作られたキャットフードもありますし、カロリーを計算する時も簡単です。また、ドライタイプのものであれば、食べることで歯の歯垢を取り除き口の中を清潔にすることができてお勧めです。ここでは、キャットフードについて紹介します。是非、参考にしてみてください。