食べさせてはいけないもの

猫ちゃんには、与えてはいけないものもあります。人間にとっては問題ないようなものであっても、猫が食べてしまうと危険なものもあります。例えばチョコレートは与えてはいけない食材。カカオが良くないので、ココアなどもNGです。血圧や心拍が上昇し、不整脈や興奮、けいれんなどが見られる他、場合によっては命に係わることもあります。また、ニラやネギ、タマネギ、ニンニクなども危険。私たちの周りには、こういったものが細かくカットされ入っているたべものが案外多いですので、猫に餌を与える時はしっかりチェックしてから食べさせるようにしたいものです。

ブドウやレーズンも与えてはいけません。腎臓に影響するからです。また、あえてこちらが猫ちゃんに与えようとしなくても、猫ちゃんが誤って食べてしまう可能性もありますので、猫ちゃんのそばに食べてはいけないものを置かないようにしましょう。サプリメントなどのいわゆる健康食品や、薬などもそばに置いたりしないように注意してください。

他にも、貝の内臓や生の貝、生の甲殻類、生の豚肉や生卵の白身も与えてはいけません。パンもNGです。また、カフェイン入りのものは、中枢神経を興奮させてしまいますので与えることのないようしましょう。